レポート

1日密着レポート風にご報告してみます。




逢いたい!



となって急遽今日の午後からデート。

しかし午前中彼から



「会合あるの忘れてた!

16時くらいから逢えるとうれしいな♡」



なんですとー!

昨日言ってくれればなんとかしたのにー。

彼はボランティアでお仕事していて

そちらの会合があるのを忘れていた様子。



「会合何時からなの?

急だったから日を改めてもいいよ?」



「会合19時から(•͈́༚•͈̀;)」



彼から改めようとの提案は無し。

うーん、きっと私次第なんだろうな。



「わかった、とりあえず向かうね。

状況でコーヒーだけでも良いじゃん♡」



「ごめんね、無理しないでね。」



仕事を終えて、急いで向かう私。

16時までは無理かなーと思ってたんだけど

努力の甲斐あって、なんと間に合った!



「間に合っちゃった♡

会合の前に食べれるよう軽食買って行くね。」



良かったー、少しはまったりできるかな。

と思っていたら…



「仕事が終わらない…待ってて。ごめんね。」



せっかく16時に間に合ったのにー。(๑•̆૩•̆)

でも仕事だもんね。



「大丈夫だよ、モールで時間潰してるね。」



笑顔の絵文字でOKサイン。

でも矛先は物欲に向けられ1万円の

ムダ遣いをしながら彼を待ちました。



待つ事1時間。



満面の作り笑顔で私の車に乗り込む彼。



「すっごい笑ってるー。」


「笑うしかないよね、こういう時は。」



二人で笑い合う。



「どうするの?行くの?時間平気なの?」


「行こうよ、いいよ遅れたって。」



その後、いろんな話を一気にしながらホテルへ。


「あー今日はすげー汗。」


なんて言いながらシャワーに向かう彼。

私はいつも後から浴びます。

浴びてるうちに彼がルンルンのごろんです。(笑)



「ねー…えっちして会合出てヘロヘロに

ならないの…?」



彼にキスしながら話すと



「これは癒しだからならないよ…。」



そう言って私を抱き始めた彼。

私がヘロヘロになっちゃった。。



「時間見てるから少し寝て?」



私が言った途端、彼は爆睡。

15分でも寝るとすっきりするんだって。



その後、会合でお腹すくといけないので

買ってきた軽食を食べさせて、

彼は会合、私は帰路につきました。



今日は結構振り回された方ですね。(笑)



でも彼は、自分の都合で何かあったりすると

帰り際にいつもしみじみしながら

私の頭を撫でて、ありがとね、ごめんねって

言うんですよね、今日もそうでした。



なので、今度はゆっくり逢おうねと話してきました。



都合のいい女?


それとも


信頼しあっている二人?



どう思われるかは、アナタ次第です。(笑)








読んでくださって

ありがとうございます。